白魔女学園 オワリトハジマリの完成披露試写会にでんぱ組.incが白魔女の姿で登場

2015年5月27日に、6人組アイドルグループ・でんぱ組.inc=(でんぱぐみ.いんく)が、
都内で行われた主演映画『白魔女学園 オワリトハジマリ』(2015年6月13日に公開)の完成披露試写会に、映画劇中で登場する“白魔女=しろまじょ”の衣装で登場、それぞれのファンを魅了した。

この日の試写会の会場には、
映画”白魔女学園”にちなみ白の制服をメインにコスプレしたファン約300人が集まった。
その光景に、でんぱ組.incのメンバー全員が「すごい!!」と驚きと嬉しさも感じ取れる表情で応えた。

★映画は学校を舞台にしているということもあり、イベントではあったらいいと思う校則について★
映画のタイトルの“学園”にかけて、
「好きな校則を作れるなら?」
というお題のトークでは、それぞれ独創的で希望している校則を発表。

「女の子はミニスカにしたい。ニーソもいいですね」(最上もが)
「コスプレを自由にする」(成瀬瑛美=えいたそ)
「体育を自由参加にしたい」(夢眠ねむ)
「将来を見据えて、セルフプロデュースしてもいいという校則があったらいいですね」(相沢梨紗=りさちー)

と一風変わった、それぞれ個性的な意見を言い合う場面もあった。

また、でんぱ組inc.のメンバー(紫)最上もがは、
「前回は一人だけ白魔女だったので、みんなで着られてうれしい」
と話しており嬉しさが大いに感じ取れた。

《今回行われた完成披露試写会の『白魔女学園 オワリトハジマリ』について》
この映画は、2013年に公開された前作に続く第2弾で、傷ついた少女たちの葛藤と戦いを描く物語となっている。
アクションシーンも前作よりも、さらに大幅にパワーアップ。

「メンバーの中で運動神経が1番悪い」と自ら豪語する夢眠ねむ(ミントグリーン)は、
「スタントの方が、私のどんくさいところもコピーしてくれて、感動して。(笑)頑張ろうって思いました!(笑)」
と身振り手振りでテレながらもユニークに笑顔で話していた。

◆劇中で主人公を演じた最上もがは、映画では最も重要なアクションシーンでは様々なことにチャレンジしたようだ◆
最上もがは、
「いろんな技に挑戦しました。アザも結構つくりましたよ」
と話す。

さらに、男性キャストとの掛け合いは、
「初めてでドキドキしましたね!」
当時の撮影を振り返った。

また、劇中で涙を舐められるという衝撃的で印象的なシーンについては、
「1番緊張しました!!!」
と思い出し声を上げていた。

涙をなめた後の相手役の方の反応には(最上もが自身が気になり聞いたとのこと)、
「もがちゃんのなら(涙)大丈夫です!」
と言われたとニコニコしながら当時をシーンを思い出して話していた。

スポンサーリンク

ツイッター(でんぱ組.incについて色々なツイートなど)