ワンピース!ルフィの名言「海賊王に俺はなる!」有言実行!

このルフィの名言はワンピースという漫画に散りばめられている重要な言葉だ。

目標や夢の実現には必ず必要になる行動だということを意図しているのだと思う。

作者の尾田栄一郎がこの言葉に詰めた思いを俺なり紐解いていく。


俺はこの言葉は
スラムダンクでもこの名言とも同じ属性をもつ言葉だと感じている。
参照記事⇒『天才桜木花道の名言に学ぶ!「ヤマオーは俺が倒す!」

スポンサーリンク

目標達成に必要な言葉の力

ルフィのこの言葉には根拠も裏付けも全くない。

あるのは、ルフィの今後の行動力と姿勢だけだろう。
何に対しても屈しないルフィの信念と覚悟だ。

この言葉は口に出すというところが重要なことになる。

そう、有言実行の精神だろう。

ルフィもまたスラムダンクの桜木花道と同様に潜在的に理解しているのだ。

ルフィがこの言葉「俺はさ、海賊王になるんだ」とコビーに言った時のことになる。

この言葉を聞いたコビーは驚き飛び上がり、この様に返す。

「海賊王って、ゆうのは、この世の全てを手に入れた者の称号ですよ!?つまり富と名声と力の”ひとつなぎの大秘宝”・・・あの『ワンピース』を目指すって事ですよ!?死にますよ!?世界中の海賊がその宝を狙ってるんです」

続けて、

「ムリです!!絶対無理!!」

とコビーがルフィに言う。

夢や目標に周りは関係ない

夢や目標にアンチはつきものなのだ。
だが、そんなものに屈してはいけない。

ルフィにとってコビーの考えなど全く関係ないだろう。

そして、この時のコビーには度胸も勇気もなく自分の意見や考えなど言えず、アルビダの船の雑用係をしている。
コビーには海軍に入るという夢があるにもかかわらず、その為の行動が出来ていないというわけだ。
そんなコビーの言葉のどこに力があるだろうか。

その後、コビーはルフィに影響され、アルビタの船を降り、海軍入隊の為の行動を起こしていくことになる。

ルフィの「海賊王に俺はなる」という言葉の力だろう。
口に出すということは周りにも影響を与えていく

そして、ルフィはゾロ、ウソップ、ナミ・・・と困難ながらも仲間が増えていく。
その根底にあるのはルフィの「海賊王に俺はなる」という言葉に裏付けされた、信念や覚悟だろう。

現在、ワンピースでルフィは海賊王の夢は未だ達成出来ていないが、困難ながらも海賊王への階段を駆け上がっていっているのではないだろうか。

この先どの様な展開が待っているのかは分からない。

しかし、「海賊王に俺はなる」という大きな目標・夢を曲げることはないだろう。

有言実行が如何に重要なことなのかを認識させられる名言だ。