お気に入りの音楽やアーティストを見つける方法!音楽と人と出会い!

音楽の見つけ方

皆さんはどんな時に音楽を聴くだろうか?

通勤などの移動時間に聴くと時間つぶしになるだろうし、リラックスしたいとき、

またはストレスを発散したいときなどに音楽を聴く方なども多いだろう。

スポンサーリンク

悩みが重なり荒んでいた時代があった自分の友人の話

ヘビィメタルバンドの「スリップノット」の音楽に出会った時に、
自分なんかよりずっと持て余してしまっている激情を爆発させるそのシャウトを聴いて「なんだかバカらしくなったわー」と悩みをまとめて吹き飛ばしてしまった人がいた。
 
そんな、気分転換や仕事、勉強のやる気を出すのに役立ってくれる音楽。
でも、情報が溢れる今の社会ではお気に入りの音楽を見つけるのはなかなか大変なことだろう。

好きなアーティストや音楽の見つけ方

自分のツボにハマる音楽を見つけるための方法についてまとめてみた。
良ければ参考にしてもらえる嬉しい。

◆YOUTUBEの関連動画から探す

自分のお気に入りのアーティストの動画を見ていると出てくる関連動画。

似たジャンルのアーティストが多いため、あなたの気に入る可能性は高いだろう。

気になったアーティストの曲を、1曲だけではなく2~3曲聴いてみた方がいい。
初期の頃と今現在で技量や雰囲気に違いがあったり、アルバムによって全く毛色の違う曲を作るアーティストが多く存在する。
なので、なるべく万遍なく聴くことをおすすめする。

◆好きなアーティストが聴いている音楽を聴いてみる

アーティストが特集されている雑誌を買ってみたり、ネットで調べてみたりするとそのアーティストが聴いている音楽について知ることができることがある。

これは是非聴いてみることをおすすめする!
聴いてみれば、好きなアーティストの音楽の原点に迫ることができる。

それを聞いた後でまたそのアーティストの音楽を聴けば、

「ああ、このギターフレーズは影響受けているな」
「この曲の世界観はあのアーティストを参考にしたんだな」

と深く、また楽しく音楽を聴けるようになるのだ。

また、これを繰り返すことによってどんどんお気に入りの音楽が見つかる。

「好きな音楽を共有できる友人がいることが一番!」

2つのお気に入りの音楽を見つける方法についてご紹介したのだが、

もっとその音楽が好きになれる方法についても触れておきたい。

それは「同じアーティストが好きな友人をつくること」だ。
同じアーティストを好きな友人がいることで、そのアーティストの情報の交換ができる。
また、その友人から別のおすすめのアーティストを教えてもらうこともできる。

何より好きな音楽を共有できる仲間がいるということはとても楽しいものだ。
きっと何倍もそのアーティストのことが好きになれるだろう。

しかし、好きな音楽を共有できる友達を見つけるのは難しいことかもしれない。
職場や学校で見つかれば話は早いのだが、なかなかいないことの方が多い

そんな時は思い切ってライブやフェスに行ってみるということもおすすめだ。

そうだ。フェスに行くときに結構必要になるのが思っている以上に大きなバッグや鞄が必要になる。

マキャベリックというブランドのバッグは大きさ、サイズ、機能性においてかなり使いやすいのでおすすめ。

「音楽を通じた出会い」

以前に友人数名と北海道のフェス、「ライジングサンロックフェスティバル(RSR)」に参戦

ライジングサンロックフェスティバル(RSR)では広い敷地内にいくつものステージをつくる。

そして、複数のさまざまなバンドが同時進行で朝から晩まで1日中演奏しているというライブとなる。

そのライジングサンロックフェスティバルのとある時間帯に自分の好きなアーティストがおらず、
とりあえずライブがとても盛り上がるらしいと聞いた「東京スカパラダイスオーケスラ(スカパラ)」のライブを見に行くことにした。

しかし、一緒に来ていた友人が疲れ果ててしまっていて付いてきてくれなかったのだ。
しかたなく、この時は独りで東京スカパラダイスオーケストラが演奏をするテントステージに向かうことに。

独りで心細く、しかもテントが満員で入ることもできずテントの外で同じようにテントに入れなかった人たちに混じって観ることになったのだが・・・

「東京スカパラダイスオーケストラ(スカパラ)」のライブパフォーマンスに外でも大盛り上がり!
そこにいた知らない人たちと円陣を組んでクルクル回ったり、肩車しあったりして大はしゃぎとなった。

そこで意気投合した人がいて、今でも「フェスいくー?」みたいな連絡を取り合ったりしているのだ。

「音楽の好きになり方」

音楽は自由だ。

作る方も、聴く方も。

だから、聴き方も本人が満足しているのであればそれでいいと考える。

しかし、個人的に思うのは音楽とは本質的には人と人との出会い(アーティストと聴き手、聴き手と聴き手)であると考えている。

自分の感性が、共感が、音楽という形となり、
誰かと共有されることによって真の価値が出てくるのではないか。
誰かが自分と同じなのではないか。 

そんな仲間を見つける事こそ、「好きな音楽を見つける」ということだと考えている。