サカナクションの新宝島がなんか心地良い曲のリズム/PVも見てて飽きない

サカナクションの新宝島の曲調が心地良い。
以前に紹介した水曜日のカンパネラも気持ち悪くて心地良かったが似たような感じ。

曲調は全然違いますが・・・。

スポンサーリンク

サカナクションの新宝島

サカナクションのメンバーの微妙に揃っていない踊りというかステップが心地良い。
ボックスを踏んだときのぎこちなさもツボだ。

特に一番右端のサングラスをかけた女性(岡崎さん)のステップになんか目がいってしまう。
(サングラスも微妙にななめっている)

チアリーディングの人たちがポンポンを山口さんの顔の真横で振るときにあからさまに山口さん嫌な顔をする・・・。
ここはポーカーフェイスのところじゃないのか?という謎もある。

テクノ感が心地良いのだろうか。

うん、つまり80年代、90年代?PVはドリフのパロディだな。これは。
さすがセンスが良い。

このサカナクションの新宝島は映画バクマンの主題歌にもなっている。

バクマンは非常に面白いマンガだが私的にはあーいった裏側を書くマンガは反則だと思っている
なぜなら面白いに決まっているから。

べしゃり暮らしも同じだ。
文句なく面白い、だが反則だ。

ただなんだかんだ言って読むし見るだが・・・。

でも視聴率を取るためにテレビ番組でラーメン特集やはじめてのおつかいや動物を使うのに似ている・・・。

サカナクションのメンバー

サカナクションのメンバーは5人いる。
だいぶと前だが『笑っていいとも』のテレフォンショッキングにサカナクションが出演したときに山口さん以外はマネキンかと思うほど山口さん一人でしゃべっていた。

もしかしたらYouTubeにあるかもしれない。
ていうか私もYouTubeで見たのかもしれない。

  1. 山口一郎さん=ボーカル
  2. 岩寺基晴=ギター
  3. 江島啓一=ドラム
  4. 草刈愛美=ベース
  5. 岡崎英美=キーボード

サカナクションのおすすめ曲

さよならエモーション

ホーリーダンス

この2曲は私のサカナクションのおすすめとなる。

やっぱりサカナクションの曲調は独特なのでクセになるというか聞いていると心地良くなる。

ただ明るい曲ではないので個人的には昼に聞く曲ではないと思っている。
酒でも飲みながら空間に流れているというのが最も良い。

アイデンティティやアルクアラウンドはサカナクションの代表曲だろう。
サカナクションを知らない人はこのあたりから聞いておけばまず間違いない。