スラムダンク桜木花道の名言「俺は今なんだよ!」が伝えるメッセージ!

スラムダンクにも名言は数多くあり、読めば読むほど気付くことや学ぶことがたくさんある。

俺自身、スラムダンクを読んでいても、少年だった頃に感じたものとは違い、大人になると感じるものの変化が多くある。

おそらく、また何年か後に読むと、また感じることも変わるのだろう。

スポンサーリンク

「・・・俺は今なんだよ!」

この桜木花道の名言は、山王戦で桜木がルーズボールを取りに行き、湘北のピンチを救った時が起こった。

そのルーズボールを取りに行った桜木は背中を負傷してしまう。
背中の負傷はバスケットに限らず、スポーツ全般にとって選手生命の危機だろう。

そして次第にその背中の痛みは大きくなり、桜木は止む終えず、選手交代させられる。

その時にマネージャーの彩子から”背中の負傷は最悪、バスケットは出来なくなってしまうかも・・・”と伝えられる。

しかし、桜木は”今がすべて”だと、自らコートに戻る覚悟と決心を安西先生に伝えた時の言葉だ。

”今”が重要なことは知っている?

自分達の生活の中に置き換えてみてほしい。
「・・・俺は今なんだよ!」という言葉は本来、誰もが理解していることだろう。
過去でもなく、未来でもなく、今が一番大事だという単純明快なことだ。

しかし、私たちはこの”今が一番大事”であるということを「理解出来ている」「分かっている」だけではないだろうか。

何かを言い訳にして逃げているということはないだろうか。
行動は伴っているだろうか。
俺自身、桜木花道の「俺は今なんだよ!」という言葉で考えさせらた。

一般的ではあるが”誰もが明るい未来を望んでいる”と思う。

しかし、明るい未来というのは”今”の積み重ねであり、決して”今”と切り離して考えるものではない

だから、”今できることに最善を尽くさなければならない”ということだ。

過去も同じで、”今”を積み重ねてきたものである。

全てが”今”ということなのだ。

過去や未来という概念など存在しない、それは全て”今”の結果でしかないのだ。

まとめ

井上雄彦は読者に対して
一瞬一瞬を大事にしてほしい、”今”を大切にして重要視しなければならない
というメッセージを込めているのではないかと俺は思う。

だから、桜木花道の「俺は今なんだよ」という言葉は、
”今こそが全て”であると言っているのだ。

それは私たちが生活する全てに共通することだろう。

桜木花道の名言
関連記事⇒『天才桜木花道の名言に学ぶ!「ヤマオーは俺が倒す!」

今を意識しなければならないと感じる
関連記事⇒『ワンピースの名言!ヒルルクの桜と死で学ぶ!人が死ぬのはいつなのか?