有村架純主演で朱野帰子の小説『海に降る』がwowowで遂にドラマ化で10月放送予定

海に降る

朱野帰子が執筆した小説をwowowで遂にドラマ化-

海洋科学に関する研究機関、JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にしたヒューマンドラマ。

現在、深海には、未知の生物が存在しており、そしてまだまだ発見されていない新たな資源があると考えられている。

さらに深海は巨大地震の発生源でもあり、そのメカニズムの解明が探求されている。

深海にはまだまだ未知のことが多くある。

今回JAMSTECの全面協力を得ることが可能となり、
2014年に完成25周年を迎えた有人潜水調査船「しんかい6500」などの潜水船・研究船で撮影。

これにより、「リアルな深海世界」「海洋科学技術の最先端」を圧倒的なリアリティで描くことに成功した。

また、「しんかい6500」に撮影クルーが搭乗し、
沖縄本島近海、水深1500mでの撮影をも敢行。

神秘的、さらに驚異的な深海の映像美も、
この『海に降る』の大きな魅力となる。

有村架純の活躍

物語の主人公はあまちゃんの出演をきっかけにブレイクした有村架純さん。
意外にも連続ドラマは初めて主演となる。

記憶に新しい、昨今大ヒットを記録した『映画 ビリギャル』の主演も務めるなど、現在女優として今最も活躍著しく、さらなる活躍が期待されている女優の一人になる。

wowowドラマ『海に降る』では組織の中で奮闘し、
亡き父の遺志を受け継ぎ、深海の謎に命を懸けて臨むパイロット役に挑戦する。

海に降る

有人潜水調査船「しんかい6500」の 日本人初となる女性パイロットが、
神秘的な深海の世界に挑む、 海洋ロマン溢れるヒューマンドラマ。

作者・朱野帰子先生のツイッター

wowowの契約について

wowowの契約がまだならギリギリまで悩んでも問題ない!!

参考:wowowは契約した15分後には視聴スタートが可能!
私の経験を元に記事にしています!