wowowで生瀬勝久×池田成志×古田新太<ねずみの三銃士>獣シリーズ全3作品が一挙放送!

wowow三銃士

wowowで生瀬勝久×池田成志×古田新太<ねずみの三銃士>獣シリーズ全3作品が一挙放送

2015年7月16日の19:00~続けて放送する!!

さらに、脚本には木更津キャッツアイやあまちゃんなどの宮藤官九郎が担当。
演出家に、「ピカ☆ンチ」シリーズの脚本を務める河原雅彦。

獣シリーズ全3作品

第一弾は『鈍獣』
第二弾は『印獣』
第三弾は『万獣こわい』

鈍獣 ストーリー

3人(生瀬勝久、池田成志、古田新太)から「ホラー作品を書いてくれ」とオファーされた宮藤官九郎が、
「演劇ファンなら誰もが見てみたいドリームキャスト。ほかの脚本家が書くのは悔しかったから受けた」とのこと。

【ストーリー】

小説家凸川がある日突然の失踪。

一部では自殺の線が濃いとされていたが、彼の担当編集者はある地方にあるホストクラブ「スーパーヘビー」で消息を絶ったことをつきとめる。「スーパーヘビー」はもともとホストクラブだったが、独占欲の強い店長が自分よりモテるホストを次々とクビにしているうちに、ホストが自分しかいなくなっていた。

さらにホスト目当てで来ていた客をホステスとして雇っているうちに今やただのスナックになり果てている。
実は店長と常連客は凸川の幼なじみ。

20年以上前のあの日何があったのか?過去・現在を行き来して、舞台は恐ろしい結末を・・・。

鈍獣 キャスト

生瀬勝久、池田成志、古田新太のほかにも、
出演者に西田尚美、乙葉、野波麻帆。

『印獣』ストーリー キャスト

ゲストには大女優・三田佳子。
「鈍獣」は宮藤官九郎が見事に岸田戯曲賞に輝いた。

映画化もされた伝説の舞台。それから5年・・・
今回のタイトルは『印獣』

前回、同級生という間柄を演じた生瀬・池田・古田の3人が、今回は“印税生活をしてみませんか”という招待状を手に集まった初対面の作家たちを演じる。

3人を監禁しながら自伝を書かせる自称・大女優、長津田麗子役に三田佳子。
9歳から62歳までを演じわけていく中、彼女の恐るべき目的が明らかになる。

そのほかのキャストには岡田義徳、上地春菜。
これまでのどんな演劇とも一線を画す異種格闘技的な演技バトルが繰り広げられる。

万獣こわい ストーリー

この作品は“監禁”をテーマにしつつ宮藤官九郎特有の言い回しやコミカルな表現が、劇中の異常な世界を際立たせる。
また、過去/現在/幻想の世界を自在に行き来する河原雅彦のスタイリッシュな演出も見どころ。

「この世で一番こわいのは誰か?」を問いかける衝撃作となっている。

【ストーリー】

東京の住宅街の古い喫茶店を買い取ったマスター(生瀬勝久)と妻の陽子(小池栄子)は店名を変え、再オープンの準備を進めていた。

そんな中、制服姿の少女トキヨ(夏帆)が飛び込んでくる。
彼女はヤマザキという男に8年にわたり監禁され逃げ出してきたという。

家族ともども監禁されていたトキヨは、その家族が毎年ひとりずつ死んでいったことなど異常な状況を明かす。
ヤマザキは逮捕され事件はひとまず解決。

7年後、長居する常連客・埜呂しんご(池田成志)や、マスターの前妻の弟ながら親しくしている馬場のぶ人(小松和重)らが出入りし、喫茶店は適度に賑わいを見せている。

そんな中・・・22歳になったトキヨが訪ねてくる。

マスターらは再会を喜び、恩返しをしたいという彼女を雇うことに。

数カ月後のある日、トキヨの里親・アヤセ(古田新太)が現われる。
一見、温厚だが感情の起伏が激しいアヤセの登場は恐るべき事件の前兆・・・

wowowで全3作品一挙放送!!

2015年の7月16日にwowowで一挙放送!!

wowow未だ加入していないや検討はしているという際には少しくらいはこのサイトも参考になるかと思います。
話題の動画配信コンテンツの比較(wowow/U-NEXT/hulu)などもおこなっております。

半月後のこの生瀬勝久、池田成志、古田新太らの3人の作品など、そのほかにもwowowでは独占放送などがたくさんあります。
しかし、wowowは月額制ということもあり、簡単には決められないのが本音だと思います。

wowowの公式サイトを見るだけなら無料ですので、拝見してから、ゆっくり検討することもおすすめします。
wowowを契約する目的のドラマやスポーツ・音楽番組などの始まる15分前までならいくらでも悩むことは可能です。

何をきっかけにwowowやその他動画配信コンテンツに加入するかわかりません。
ある日、突然思い立つということがあります。

私がそうでした・・・^^